准看護師から正看護師になるための期間は?

准看護師から正看護師になるための期間は?

通常、看護師になるためには高校卒業後に看護師養成所で3年以上勉強し、国家資格を取る必要があります。准看護師から看護師になることもできます。そのためには、3年以上の実務経験があり、看護学校で2年以上の看護について学び国家試験を受けなければいけません。

 

働きながら学校に行くというのはなかなか難しいですが、看護師資格の取得を応援や推進している病院もありますのでそのような勤め先を探してみるのも手です。

 

加え、2004年以降から10年以上の実務経験がある准看護師を対象にした通信教育も行われています。通信教育ならば専門学校や看護大学に毎日通うことなく看護師国家試験に必要な単位を取得することができます。この通信制に進学した方を対象にした奨学金がありますので、金銭的に看護師資格を諦めている方も一度検討してみるのもよいですね。

 

ところで、一番若く看護師になる方法は、高等学校衛生看護科に進み、准看護師免許を取得し、そこから昼間2年間の進学コースに進むという方法です。高校卒業後に看護師を目指すとなると最短3年かかりますが、この方法を用いれば2年で看護師免許を取得することができます。